2006年入社 営業事務深井 三紀子

私のお仕事を紹介します

メイン業務はスタッフの給与計算に必要な書類やデータを回収し確認し、それを処理する部署に期限厳守で提出することです。例えば、新規スタッフの入社に関連するもの、労働契約書、勤怠を管理する書類、保険加入関連、退職などなど…。お店の担当者より、いかに早目に正確な書類を回収できるかを、力量や状況によりコントロールし、「お母さん」的な心持で接しています。
また、新卒の皆さんへの研修、店舗管理者への運用に関わる書類やデータ作成の指導や、、また月に2回開催している入退職研修の講師を他部署のメンバーとタックを組んで行っています。
時には、全社あげて行われるイベントの運営側で裏方もします。「接客コンテスト」「スーパーマーケットトレードショー」など。通常業務とは違い準備段階からワクワク楽しめるます。

一番嬉しかったエピソード

大型店舗立ち上げはお祭りです。スタッフ・応援に来る社員含め100人以上になると、てんやわんや・トラブル続出します。そんな中、私の職性として、表舞台ではなく事務所でフォロー業務を行いました。レジの休憩は計画書通り回っているか、事務所にある金庫とレジでの両替、タイムカードの打刻の仕方などなど。2店舗行いましたが、始めの店舗はA子さんと、次の店舗はB子さんと(2人とも妊婦さん)一緒に行いました。「お蔭で立ち上げ上手くいったよ!」と、ほっとしている管理社員の言葉を、夜聞いた時にはヘトヘトだったのに帰り足がとても軽かったのを覚えています。若いA子さんとは池袋でレジを打ち、妊婦のA子さんとは立上応援をし、2児の母のA子さんとは現在同じ営業事務をしています。立ち上げで苦楽を共に過ごした仲間とは、今でもお子様連れランチで集まっています。人との繋がりが長く続くことができるきっかけが、たくさんあります。

この会社を選んだ理由

以前は京王百貨店(催事商品券売場管理者・食品売場管理者)兼、営業事務、現在本社の営業事務リーダーに従事してます。インターネットで「店舗運営」で検索していた時にヒットしましたが、ネット掲載のタイミングが悪かったのか1度しか見れず、有楽町の合同面接会に話を聞きに行きました。
当時は創業5年目で仕組みなどが構築されてないかも→自分で仕組みを作れそう→やりがいが持てそう→社長が若くてイケメン→将来性がありそう!!と思ったのがきっかけでした。 

学生の方たちへメッセージ

入社を検討されている企業について、主にどんな仕事をしているのか説明出来るよう調査、研究しておいてくださいね。興味がある内容だと楽しめると思います。友達や家族に聞いてもらい、たくさん練習してと面接に臨んでください。もし、突っ込まれた質問をされた時にその知識が役立ちます。
仮に上手く言えなくても、堂々としてれば次のチャンスが与えられてその次のチャンスで前の失敗を挽回できたら勉強熱心とプラス評価が貰えるでしょう!

求人採用のエントリーはこちら

ENTRY