2018年 新卒入社 人財部石田 成美

チェッカーサポートに入社して思ったことは?

レジ業務だけでなくて、現場管理にも関わるとても幅広い仕事をしていくんだな、と思いました。接客にとても力を入れている会社なので、自分が高いパフォーマンスをしなくていけないのはもちろんですが、アルバイトスタッフさんにもそのスキルを落とし込まなければいけないため、どうやったらわかりやすく教えられるか、覚えてくれるかを試行錯誤したりして、自分なりに創意工夫しながら仕事ができるので日々学びながら自己成長しながら仕事ができる環境が整っている、と感じてます。

コミュニケーションの大事さ学んでます!

レジ操作に慣れ接客スキルも上がった頃に新店舗を立ち上げました。もちろん先輩社員に教わりながらですが・・・。そこではスタッフの方達への
研修・接客指導、シフト作成や事務作業など、管理面における仕事も経験しました。
現場はお客様だけでなく、スタッフさんやクライアント様といった「人」で成り立っています。いかにその方達と良い人間関係を築けるかで職場の雰囲気や管理のしやすさも変わります。ですので、現場の管理者としてコミュニケーションを取ることも大事な仕事の一つになります。こちらの思い込みだけで業務をするのではなく、話してみないとわからないこともある、ということを教わったので、積極的に話しをかけるようになり様々な世代の方達と話すようになったので学生の頃に比べるとコミュ力が遥かに上がったように感じます。

ヒトの成長を感じられる仕事

新店舗立ち上げでは何人ものスタッフさんのレジ研修・接客指導を行ってきました。ほとんどの方がレジ・接客未経験者なので、ゼロから教えることになります。スタッフさんの中にはレジ操作の呑み込みが早い方もいればそうでない方、また接客中に笑顔が出る方もいればそうでない方もいました。一人一人の指導の甲斐あって、最初はこのように差があったにも拘わらず、スタッフ一人でレジ操作ができるように、また次第に自然な笑顔を出せるようにもなりました。自分の指導を通じて、日に日に成長していくスタッフさんの姿を見ることが私のやりがいの一つになっています。
スタッフさんと関わるお仕事ですので、誰かを引っ張って物事を進めたい方、物事を教えることが好きな方はとてもやりがいを感じると思います!

1年目はプレイングマネジャーになるための修行

当社では1年目の終わりから現場へ配属されていくまで、マネジャーになるための基礎を学んでいきます。その前に自分自身が業務を熟知していけないといけないので、様々なお店(現場)のレジ業務を経験しました。スーパー、ホームセンター、ディスカウントストア、アパレルを主に経験しました。やはり将来、人をマネジメントしていくにあたり、自分自身がその業務を把握していないと説得力がないですし、この社員さんみたいになりたい、ついていきたい、と思っていただけないため、1年目は周りの先輩社員や同期に支えられながら修行しています。

チェッカーサポートを選んだ理由

学生時代にアルバイトをしていたコンビニエンスストアでも、人一倍にレジ接客を頑張っていました。そんな経験がある中、チェッカーサポートという会社を知り、ここだ!とビビッときたのが選んだきっかけです。たかがレジ…と思われるかもしれません。レジ会計という短時間にお客様の心を掴めるなんて、笑顔にできるなんてとても凄いことだと私は考えます。そんなレジ接客のプロを目指せることが当社の醍醐味の一つです。また、スーパーやホームセンターなど様々な現場のレジを操作するのでレジ知識やノウハウも身に付きます。接客スキルだけでなくレジスキルも習得できるので、一緒に本物の‘‘レジのプロ‘‘を目指していきましょう!

求人採用のエントリーはこちら

ENTRY