社会保険・各種制度

社会保険とは、医療保険・年金保険・介護保険・雇用保険・労働者災害補償保険などの総称です。一般に『社会保険』というと、健康保険と厚生年金の二つを指している場合(雇用保険・労働者災害補償保険は労働保険と呼びます)と、社会保険制度すべてのことを意味している場合があります。

労働者災害補償保険法(労災保険)

仕事中や通勤中に負った怪我や病気への治療費などに対する保険。
この怪我や病気により働けなくなった期間の収入補償も行われます。

労災保険について→

雇用保険制度

失業者への給付や雇用促進など、雇用全般に対する保険。
一般にいう失業保険は、この雇用保険制度からの給付です。

雇用保険について→

医療保険制度

医療保険 (業務外の)病気や怪我に対する保険。
健康保険や国民健康保険、共済保険などがあります。

健康保険・厚生年金保険について→

公的年金制度

老後の所得保障の柱として、高齢者の老後生活を実質的に支えていくもの。
国民年金、厚生年金、共済保険などがあります。

健康保険・厚生年金保険について→

介護保険制度

介護保険制度は、加齢などにより介護を要する状態になっても、できる限り自立した日常生活を送ることができるように、必要な介護保険サービスを総合的かつ一体的に提供する仕組みです。

介護保険について→

産前産後休業・育児休業・介護休業

子育てや介護など家庭の状況から時間的制約を抱えている時期の労働者について仕事と家庭の両立を支援のための制度です。

産前産後休業について→

育児休業について→

介護休業について→