人材ビジネスQ&A

問01:チェッカーサポートのレジスタッフの特徴を教えて下さい。
答:弊社では、レジの操作研修の前に、意識付けの机上研修を20時間実施しております。それにより、接客に対する意識から、なぜ接客が大事なのかという考え方まで、きっちり落とし込みます。それらを理解した上で操作研修に入っていくので、基礎がしっかりと定着していきます。また、「笑顔のキャッチボール」などの個性的な研修プログラムを通じて、スタッフが育成される風土がございます。
問02:いつまでに正式発注すれば稼動できますか?
答:よくあるご質問です。規模(受託レジ台数と契約時間)や期間(レギュラーなのかスポットなのか)にもよりますが、おおよそ1ヶ月半~2ヶ月を目安にしていただければと思います。少人数の派遣等、ケースによっては即日対応できる場合もございます。詳しくはお気軽にお問い合わせください。
問03:どのくらいの規模から発注できますか?
答:レギュラー契約の場合、原則としてレジ2台以上からお願いしております。弊社の強みは複数台受託によるレジ現場の活性化ですので、接客にお悩みのお客様におかれましては、複数台の委託をご検討いただければと思います。(既存スタッフとチェッカーサポートスタッフを半分ずつ配置し、競争意識を促している企業様も多くいらっしゃいます)
問04:全国対応可能ですか?
答:基本的には全国対応可です。関東・関西・九州・北海道・東北エリアには拠点もございますので、よりスピーディーにご対応することが可能です。(契約内容によっては出張経費等の導入経費をいただく場合もございます。詳しくはお気軽にお問い合わせください。)
問05:どの時間帯でも対応可能ですか?
答:24時間、365日対応可能です。ドン・キホーテ様やマルエツ様などは、夕方~深夜時間を弊社に委託し、自社社員との分業化をうまく構築されています。また、最低契約時間に関しては、原則として4時間以上とさせていただいております。
問06:スタッフの教育だけでもお願いできますか?
答:可能です。レジアウトソーシングのパイオニアとして、レジ業務に専門特化したユニークな研修プログラムをご用意しております。また、「振り返り研修」「接客調査プログラム」もご用意してございますので、研修後のスタッフスキルの維持、アフターフォローも万全です。
問07:派遣と委託の違いは何ですか?
答:おおまかに言うと、指揮命令系統の違いです。「派遣」の場合はスタッフの教育やシフト作成、業務指示等もすべて貴社担当者様にお願いすることになります。「委託」の場合ですと、それらも含めすべてこちらの責任にて運営を行って参ります。過不足金負担もこちらが行いますので、「委託」契約をお勧め致します。
問08:レジ運営の委託料金は高く感じるのですが?
答:委託料金(おおまかに管理費及び時間ごとの単価)には、契約締結後の現地調査費、新規採用における広告費(レギュラー委託店舗の場合、貴社専門のスタッフを近隣で新規採用致します)、面接代行費、スタッフ研修費、管理担当の人件費(管理費にて対応)、シフト作成経費、スタッフ入れ替えによる広告費、欠員対応費、などが含まれております。さらに、本社教育部のよる月2回の接客調査や、フォロー部隊の人件費等、接客力を継続させる仕組み作りの経費も含まれております。さらには、スタッフの雇用リスク(有給休暇・各種保険・その他人的トラブル)、過不足金などもすべて弊社の対応となりますので、決して高くはありません。むしろコストメリットは大きいとお分かりいただけると思います。こちらに関しては、弊社営業担当より、しっかりとご説明させていただきます。
問09:委託実績を教えて下さい。
答:詳細は実績一覧をご覧ください。 百貨店、GMS、食品スーパー、ホームセンター、ディスカウントストア、ドラッグストア、衣料品店、飲食店、催事など様々なカテゴリーにご対応致します。
問10:急にスタッフが来ないなどがあった場合はどうするのか?
答:委託契約の場合は、欠員対応も弊社でしっかりと行いますので、レジに穴が空くことはございません。ご安心ください。ただ、派遣契約の場合は、代替メンバーを派遣する間、最悪未稼働となってしまうこともございます。(営業担当がしっかりと管理しておりますので、欠員が出ることは稀です)